質の良い睡眠を目指しましょう

年齢のせいかなぁ。。仕事中でも睡魔に襲われることが多くなりました。
でも、よく考えてみると、夜、よく寝れていないかもしれません。

結果、仕事がオフの時も、出かけるのが億劫になったり、ついダラダラと過ごしてしまいがち。。。
人生そんなに長くないよ、と一念発起で、夜の睡眠を見直すことにしました。

☆寝つき
とにかく、ベッドに入っても、なかなか眠れません。朝もバタバタで新聞を読む暇もないので、朝刊夕刊ともにベッドに持って行き、読みながら寝ていました。ベッドに入る前にも、テレビを見たり、借りてきたDVDを見たり、、、けっこう神経が眠るギリギリまで興奮していました。

交感神経が刺激されると「ノルアドレナリン」というホルモンが分泌され、これが睡眠障害になるそうです。

寝る30分ぐらい前から、部屋の電気は暗くしたり、キャンドルなどの灯りにして、ゆっくり熱いお茶を飲み、軽いストレッチをして体をリラックスさせるようにしてみています。

眠りに入る直前は、いろんな情報を頭に入れないで、あれこれ考え事をめぐらさず、すっと眠ること。

☆枕とパジャマ
朝、起きた時に、枕から頭が外れていたり、肩がこったりするので、枕をやめてバスタオルを畳んだものにしてみました。思いがけず良かったのは、バスタオルは毎日ジャブジャブ洗えること。ソフトナーもフローラルのに変えて、気持ちよく休めるようになりました。

そして、パジャマは、冬の寒い時期は重ね着をしたりしていたのを、薄手の物に変えて、無印良品の湯たんぽを使い始めました。全身がこわばらずにリラックスできます。

☆睡眠時間
レム睡眠とノンレム睡眠は、一般的に1時間半の単位で繰り返されるそうです。なので、1時間半の倍数で目覚まし時計をかけると、すっきり起きれるとか。私はいつも12時ごろ寝るので、6時に目覚ましをセット。

・・・たったこれだけの事ですが、なかなか気が付きませんでした。今までベッドで読んでいた新聞も、眠りのためにはストレスになっていたんですね。
朝、目覚ましが鳴ったら、ぱっと起きてカーテンを開けて、とにかく朝の光を浴びています。最初のうちは「太陽、太陽、、、」と呪文のように唱えながらベッドから這い出していましたが、2週間ほどですっきり。

どんなことも、習慣にするまでには、2週間〜1か月必要だそうです。最初はちょっと大変かもしれませんが、自然に体が動くようになるまで、頑張ってみています。

良い睡眠のおかげで、仕事も効率があがって、残業も減り、オフも充実で、美肌にも効果あり。睡眠って本当に大切だと、、心から思います。


一緒に読まれる記事


This entry was posted in 美容,ダイエット,グルメ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Optionally add an image (JPEG only)